ホームページ制作・PPC運用

2016年09月20日

【HP運用】Googleがペンギンアップデートを発表(アルゴリズムの変更)

2016年9月13日頃から,Googleの順位が非常に大きく変動しており,久しぶりの大きなアップデートになる見込です。

今回のアップデートはペンギンアップデート4.0と呼ばれるもので,2年前に実施されたペンギンアップデート3.0をさらに進化させたものである可能性があります。

現時点で変動幅は非常に大きく,注意が必要で,現在の順位変動で一喜一憂はできません。
(5位だったサイトが1位になっても,その逆も一喜一憂してはいけません。)

私どもが今まで蓄積してきた順位情報やアップデートの情報に照らすと,Googleは大規模なアップデートを適用する前に現在のような大きな順位変動が確認出来ており,おそらくアップデート適用前の”検証”や”試験”を行なっているのではないかと推測しています。
しかも,この順位変動は,アップデートが適用されてからしばらくの間は,順位が落ち着かないことから,順位変動の規則性を”確証”に変えるまでに少し時間がかかってしまいます。
(私どもお客様も多く,検証用のサイトを運営しているので,ある程度の確立で推測はできています)

また,本日現在では,以下の様な変動幅が確認出来ています。(全国の平均変動幅)

・弁護士や法律事務所のホームページ 約12位の変動(都内は最大約15位変動)
・司法書士のホームページ 約11位の変)
・行政書士のホームページ 約11位の変動
・税理士のホームページ 約9位の変動
・社労士のホームページ 約15位の変動※

※社労士は品位保持を目的とする会長声明が出され,ホームページで使用してはいけない表現などが発表されました。
これらの表現の有無を9月~10月に社労士会が一斉に調査するため,変更をした事務所が多く存在するため変動幅が多いと思われます。
(実際に他の業種で順位が変動する前から変動し始めていました)

Googleのスポークスパーソンを担当している人のTwitterでは,アルゴリズムの変更を公式に認めていますことから,しばらくはGoogleから発表される情報も目が離せませんが,参考になる情報があれば積極的に公開していきたいと思います。

2016年09月13日

【コラム】弁護士(法律事務所)と司法書士のホームページ制作とアクセスUP

弁護士・司法書士事務所が選んだ「ホームページに掲載する業務」

弁護士(法律事務所)や司法書士は取り扱うことの出来る業務が非常に多く,集客をしたいと考える業務もあると思います。

とりわけ,弁護士の場合,全ての法律事務を扱うことのできる日本唯一の資格ですので,当然に数え切れないほどの業務分野が存在します。 ★続きを読む…

2016年07月29日

【HP運用】:弁護士・法律事務所のリスティング広告(PPC)の今後(その4)

前回の記事に続き今回は「④ 広告費を有効に使うために,ランディングページ(LP)や特化型サイト導入する法律事務所 弁護士・司法書士等の士業事務所が増加する可能性が高い 」ということについて書きたいと思います。
 
日々,弁護士や法律事務所のホームページ制作,リスティング広告等のマーケティングに携わっていると,リスティング広告に限らずどんな種類の広告でも,広告費に対して十分な成果が出ているうちは”広告費を有効に使おう”と考える方は意外と少ないように感じています。
 
今回のリスティング広告の仕様変更によって,今まで以上に広告費が割高になる可能性があることは前回の記事でお伝えしたとおりですが,今後の流れとしてもう一つ考えられることがあります。
 
それはタイトルでも触れていますが,「ランディングページ(いわゆるLP)」や「業務特化型サイト」に力を入れる事務所が増える可能性が非常に高いということです。
 
それでは,なぜ,弁護士や法律事務所の方がホームページ以外にもランディングページや特化型サイトを作るのでしょうか
特化型サイトはリスティング以外のSEOやユーザー心理の視点でも非常に有利ですが,今回はリスティング広告の視点においてのメリットや特徴をお伝えしたいと思います。
 

★続きを読む…

2016年07月22日

【HP運用】:弁護士・法律事務所のリスティング広告(PPC)の今後(その3)

前回の記事に続き,今回は「③ 素人の方がPPCを運用し,うまく運用できない結果,諦めてPPCを撤退する可能性がある。この場合,今回の変更は非常に有利になる可能性がある。」ということについて触れてみたいと思います。
 
今回の記事は前回の記事で書いたように広告の運用が一般の方にとって困難になった場合,どうなるのかを経験則に基づいて予想したいと思います。
(あくまで予想なので必ずしもそうなるわけではないことにご留意ください)
 

★続きを読む…

2016年05月12日

【受付中】ペナルティ解除のご相談を受付中です

弁護士,法律事務所,司法書士事務所のペナルティは弁護士 ホームページ制作のサムライラボへお任せ現在大手コンサル会社が関与・作成したホームページが4月中旬以降に深刻なペナルティを受けています。

弁護士,法律事務所,司法書士等の士業ホームページ制作とSEO対策に力を入れている私どもの分析では以下が原因です。

 ・原稿の使い回し(わずかに手を加えただけの原稿を含みます)
 ・過剰な被リンク,評価の低いサイトからのリンク
 
上記が原因のペナルティはペナルティを受けた後は単に原稿を差し替えたり被リンクを削除するだけでは回復できません。

私どもでは,ペナルティを受けた方または受けている可能性がある方をはじめ,急激に順位が落ちたお客様の被リンクの調査,原稿重複の調査などを行なっております。

ペナルティ解除や回復の相談とお見積りは無料です。お気軽にご相談下さい。

なお,正式にペナルティ解除をご依頼頂く場合の費用は,状況にもよりますが,以下の通りです。

 ■原稿の使い回しなど重複コンテンツが原因の場合: 150,000円~

 ■過剰な被リンクが原因の場合: 65,000円~

 ■その他の原因によるもの: 個別にお見積り

※ただし,以下の場合はお申し込みをお断りいたしますので予め御了承くださいませ。
 ・ペナルティの回復見込が無い場合
 ・既存のお客様と競合関係にある場合
 ・調査にご協力を頂けない場合

2016年02月29日

【HP運用】:弁護士・法律事務所のリスティング広告(PPC)の今後(その2)

前回の記事に続き,今回は「②法律事務所 弁護士・司法書士等の士業の方をはじめ,一般の方がPPCを運用することが今まで以上に難しくなる可能性がある 」という部分について案内したいと思います。

弁護士・法律事務所・司法書士ホームページのリスティング広告の注意点法律事務所,弁護士,司法書士,税理士等の士業がホームページを制作し公開した後に真っ先に思いつく課題は”アクセス数の増加”だと思います。 ★続きを読む…

2016年02月25日

【HP運用】:弁護士・法律事務所のリスティング広告(PPC)の今後(その1)

弁護士,法律事務所,司法書士等が利用しているPPCの多くはYahoo!プロモーションとGoogleアドワーズかと思います。

本日はGoogleアドワーズを利用している弁護士,法律事務所,司法書士等の士業の方に非常に重要なお知らせがあります。

また,これからホームページを制作しようしている法律事務所 弁護士,司法書士等の士業の方や既にホームページを運営している方も参考になると思いますので是非参考にしてみてください。 ★続きを読む…