弁護士・司法書士等の士業のホームページ制作の依頼の仕方

ホームページを立ち上げると決定してから制作会社を探すというパターンがほとんどかと思います。

このページでは弁護士や司法書士などの士業の方に特に見てもらいたい”ホームページ制作の依頼の仕方”をご案内しています。

1,ホームページを開設する意図を制作会社へ伝える

サムライラボでは弁護士(法律事務所)や司法書士などの士業の方からお問い合わせをいただいたときにホームページ作成の目的をお聞きしています。

一言でホームページ制作といってもお客様の回答は様々で,企業の”会社案内のパンフレット”の役割を果たす「事務所概要を紹介するホームページ」,特定の業務に焦点を絞り集客を目指す「目的特化型の集客用ホームページ」,様々な業務を紹介し様々な客層を想定した「集客用の総合案内ホームページ」など様々なご希望をお聞きします。

上記のようにホームページの目的は様々でメリットも様々ですが,それはまた別の機会に紹介させていただきたいと思います。

せっかくホームページを作るわけですから会社案内や名刺代わりのようなホームページではなく”弁護士の集客”や”司法書士の集客”などのように”士業の集客”に重点を置きつつ作成前のお打ち合わせの段階でご提案させていただいています。

もちろん,私どもの努力だけで集客ができるわけではなく,お客様の協力がどうしても必要になってきますので,集客に関して二人三脚で知恵を出し合い役割を分担してホームページを運営していきます。

そのため,ホームページを作成する前の段階で”お客様の目的”をお聞かせいただきたいと思います。

後からホームページの趣旨を大幅にかえることは,家を建てた後に気が変わって家の仕様を変更するのと同じでリフォーム費用(ホームページのリニューアル費用)が発生してしまいます。
(SEO対策の面でも恣意的な大幅な変更はデメリットがあります)

 

2,ホームページ制作,運営費などの予算を伝える

どのホームページ制作会社でも制作費用はピンからキリまであり相場というものをここに書くのは難しいですが,一般的な制作会社の場合30万~150万円程度と言われています。(制作会社総覧)

しかし,実際にホームページを運営していると制作料以外にも費用が発生します。
たとえば,サーバー料金,ドメイン管理費,更新費用,メンテナンス費用,バナー制作費用,広告費用,広告設定費用,マーケティングに必要な調査費用など。

他の士業特化型ホームページ制作会社もそうですし,一般的なホームページ制作会社の多くが,
毎月や毎年発生する費用を明確にできません。

なぜなら,お客様がどの程度の質を求め,どの程度の広告を出し,どの程度のところに妥協点を置き,どの程度マーケティングに必要な分析をするかによってランニングコストは大きく変わってきます。

サーバー料金で言うと,
個人向けのサーバーであれば数百円から3000円程度,ビジネス仕様のサーバーであれば7000円~2万円程度と大きな開きがあります。この価格の違いは何の違いかと一言で書くのは難しいですが、使えるプログラムの種類の多さや,回線や同時アクセス数制限の有無,サーバー1台あたりの収容人数,データを2重以上で保護するシステム(RAID1等)の有無などで決まってきます。つまり,価格が割安なサーバーには何らかの理由があり,個人用途の格安なものにはビジネス利用に耐えれないものも存在します。

具体的には同時に複数のアクセスがあるとエラーが起こったり,メールフォームなどのプログラムが正常に動作しなかったりなどの不具合があったり,お客様の体験談ではデータが消失したという信じられないようなトラブルもあるようです。(気になる方は”サービス名 障害(消失)”などで調べてみてください)

サーバー選びも非常に重要です。サムライラボのサーバーはインターネットの心臓部とも言われている東京の大手データセンターに収容した高性能なサーバーを利用していますのでビジネスの利用でも十分に耐えうると自負しています。もちろん,データも常時2重で保護していますので消失リスクは最小限と言えます。

更新費用やメンテナンス費用などでは,
多くの制作会社の場合,営業時間を変更するため数字を少し変更するだけでも料金(基本料金数千円+作業に応じた金額)が発生します。

ホームページを作成する段階で工夫して更新作業をしなくてもいいように作ったとしても絶対に更新や修正作業が必要になってきます。ホームページを運営し集客をしようと思うと,アクセスがある程度増えたときに,どのページで離脱した人が多いのか,どうすれば受任が増えるのかを考えて検証しなくてはなりません。その課程でどうしても文字や画像を変更する必要がでてきます。
PDCAサイクルという言葉がありますが,”反省”をして”改善”しようと思うとどうしても修正や更新が伴ってしまうのです。

ホームページを公開することだけが目標なら反省は不要かもしれませんが,集客やイメージアップを目的とした場合,絶対に変えた方がいいところがあってもその都度費用が発生する料金体系だと金儲け主義と思われることを懸念して提案することを怯んでしまうのです。

そこで私どもでは基本的な更新作業を月額利用料に含ませることによってお客様も修正を依頼しやすく,私たちも”こうした方がいいです”という提案がしやすく,さらに予算が立てやすくなっていますので,積極的にホームページを活用できます。

 

3,見積りを依頼する

ホームページを作るときは多くの場合,見積もりの依頼をすると思います。
ホームページ制作やシステム開発の見積りは専門用語が多く一般の方が見てもよくわからない見積りが多いです。

ほとんどの制作会社の場合,工数をもとに料金を算出していますが,ゆっくり作業をされると高額な費用が発生します。

私たちの弁護士等の士業専門のホームページ制作サービスでは工数をベースに考えるのではなく,完成させるホームページの個数などの成果物ベースで料金を算出します。お見積もりは無料ですので何度でもお気軽にご相談ください。他社のお見積もりと是非比べてみてください。

士業のHP制作・集客ならどんなことでもお気軽にご相談ください

ページの上部へ戻る