弁護士・司法書士等の士業の適正なホームページ制作料金

法律事務所,弁護士,司法書士などの士業も当たり前のようにホームページを所有・運営する時代になってきました。

「現在ホームページ作成を検討中」の方はきっとホームページ制作会社のホームページを調べたり,知人などに制作会社を紹介してもらったりしているのではないでしょうか?

ホームページを作成する制作会社とは様々な意味で長いおつきあいになることが多いかと思います。

ちょっとしたホームページの修正や,改善依頼,ホームページ以外の媒体のデザイン依頼,広告の相談など・・・
色々な場面で制作会社が登場し,一定の料金も発生することがほとんどです。

様々な場面で登場する制作会社だからこそ,リーズナブルな料金体系で確かな技術力,マーケティング力,集客力,提案力のあるところを選びたい,と多くの方が考えることでしょう。

ホームページ制作の料金は目的などによって様々です

法律事務所,弁護士,司法書士等の士業のホームページ制作に限りませんがホームページの制作・作成料金と言えば,多くの様々な価格帯のサービスが存在することをご存じかと思います。

ただ単に事務所の所在地等を載せた非常に簡易なものであれば10万円程度でホームページは作れます。

しかし,マーケティングや集客に重点を置くとどうしてもページボリュームも必要になり,制作側の経験や知識,情報も必要になります。制作料金も簡易なものと比べても割高になり最低でも40万円程度は必要になります。

サムライラボは他社の簡易なホームページよりは少し高くなりますが,14.8万円~集客を意識したホームページをお作りします。

なぜ他社よりも安く制作できるかは安さのひみつというページでご紹介していますのでよろしければご覧ください。

少し話がそれてしまいましたが,ホームページの作成費用が200万円を超えるケースがあります。

ホームページ制作会社の罠というページでも紹介していますが,主に高額になる業者の特徴は以下の通りです。

→ リースでホームページを契約またはリースのおまけでホームページをセット

ホームページはリース契約にはなじまないとサムライラボは考えております。
詳細な理由は省略しますが,おおまかにご説明しますと,単純にリース契約のホームページでは時流の変化に対応できないというのが主な理由です。もちろんこれは公開後の管理や改善を行わない業者にも同じことが言えます。

また,リースでホームページを契約するということ自体,ホームページ制作業界では問題視されていました。
士業の先生の中には既にご存じの方もいらっしゃるかも知れませんが,2012年7月にリースでホームページを提供している業者の実態がわずかですが明らかになりました。裁判所のホームページでも裁判例を見ることができます。

ホームページ制作の依頼者たるお客様のことを真剣に考えていれば,時代の変化に対応する必要のあるホームページというものにリース契約は絶対になじまない,と考えるはずなのです。

→ 集客コストを必要以上にかけているため,制作料金に上乗せしないと成り立たない業者

ホームページのページ数がサムライラボ(当サイト)と同等なのにも関わらず,料金設定が非常に高額な業者が多数存在します。
私たちが日々価格を抑える工夫をしているという理由もありますが,把握している業者の多くは”非常に高額な広告費をかけている”ことが解ります。本当にホームページでマーケティングに成功しているのであれば,広告やホームページを乱立する必要はなく,高額な制作費用は必要無いはずです。

サムライラボは広告費用を含むマーケティング費用を最小限に抑えているため,高品質なサービスを割安に提供できるのです。

→ デザインに関する賞をとったようなデザイナーがデザインしている業者

弁護士や司法書士等の士業ホームページではあまり見ませんが,国内外で有名なデザインの賞を受賞したデザイナーにホームページを依頼すると当然に制作費用は高くなります。

ただ,見栄えの良いデザイン=集客できるデザイン では無いので,おすすめはできません。

しかし,お客様のご要望があれば私どもでもWEB系,DTP,看板などで賞をとったデザイナーに作成依頼をしていただくことができます。

おすすめはしませんが”お客様のどうしても”には対応できる環境にありますのでお気軽にご相談ください。

 

 

士業のHP制作・集客ならどんなことでもお気軽にご相談ください

ページの上部へ戻る