ランニングコストのかからないSEO

士業のホームページ制作やSEOをやっている他社で”制作時にSEOをやっているからSEOも万全”という業者がある。というお話をお問合せを頂いた方からお聞きし,問題があるのではないかと思い,ずっと注目していました。

確かにSEO対策には内部対策といわれる対策があり,制作時に作業をしなくてはいけないものもあります。

しかし,Googleなどの検索エンジンは日々多くのホームページの情報を収集し,検索エンジン自体もアップデートと言われる改良をし,順位も日々変動しているのです。

Googleの公式情報にもあるように,2011年にはパンダアップデートが行われ,2012年にはペンギンアップデートと呼ばれる大規模なアップデートが行われました。

SEO対策を謳う以上はこのような大規模なアップデートにも対応しなくてはいけないと思います。

しかし,”ランニングコストがかからないSEO”をセールスコピーにしている制作会社はホームページの公開後のことは深く考えていないのです。このあたりをしっかりと考えなくては当然集客はできません。

弁護士をはじめ士業の方の受任ルートの大半を占めるホームページは重要な集客ツールです。

にもかかわらず,ホームページへの重要な導線となるSEOを”作るときのSEO”だけをして公開後のことを考えていないのです。

私はこういうお客様を欺くようなやり方はどうしても嫌いだったので,制作実績に掲載されていた,ある弁護士のホームページの順位を勝手に毎日追跡していました。

そこで,パンダアップデートやペンギンアップデートなどの”検索エンジンの日々の変化”をとらえたグラフを掲載します。
以下のグラフはSEOもやると宣伝している業者が作った弁護士のホームページの順位です。


Googleのアップデートがはじまった直後から順位が下降しているのがわかります。
また,中央よりも左あたりでグラフが切れてるところがあることをおわかり頂けると思いますがこれは一度100位以下になったということです。
そして,この頃,被リンクと言われる自サイトへのリンクを購入していることを確認しましたが,一時的に順位が上昇しているものもの再び順位が下がっています。

こういったことに対応するためにも,日々のSEO対策は非常に重要で,ランニングコストがかからないわけがないのです。
また,一度順位が落ちてしまうと,再度順位を上昇させることは非常に難しく,成功したとしても非常に高額な費用がかかります。

SEO対策は内部対策だけでなく,外部対策といわれる対策も重要で,この外部対策は継続して行わなくてはいけないため,どうしてもコストがかかるのです。

これはまっとうにSEO対策をやっている業者であれば絶対に知っていることですし,この業界では当たり前過ぎることで,わざわざ説明するようなことでも証明するようなことでもないのです。まさに民事訴訟法でいうところの不要証事実のようなものです。
わざわざこのようなページをもうけなくてはいけない士業のホームページ制作業界に非常に残念に思います。

士業のHP制作・集客ならどんなことでもお気軽にご相談ください

ページの上部へ戻る