SEOをご検討中の方へ

弁護士ホームページ制作 法律事務所ホームページ制作
司法書士ホームページ制作 行政書士ホームページ制作
公認会計士・税理士ホームページ制作 社会保険労務士ホームページ制作

SEOを行うメリット

ホームページのアクセスを増やす方法として代表的なものには”SEO対策”があります。 (正しくはSEOですが、多くの方がSEO対策と思っているのでSEO対策で統一します)

SEO対策はYahoo!やGoogleなどの検索エンジンで上位に表示されやすくするための対策で、検証や分析を行うことはもちろんですが、SEO対策の知識、経験、技術力が必要になります。

SEO対策はリスティング広告と同様に検索エンジンの検索結果に表示されるものですが、表示箇所はことなります。

リスティング広告のすぐしたに表示されている部分が自然検索の検索結果でこの部分に表示されやすくなるのです。

SEO対策はリスティング広告とはことなり、どれだけクリックされてもクリック課金されないことが大きな特徴です。

SEO対策に向かないホームページ・SEO対策ができないホームページ

沢山の人が検索するキーワードで上位表示させることができれば、沢山のアクセス増加が見込めるのでSEO対策を実施している法律事務所、弁護士、司法書士などの士業の方は非常に多いです。

昨今では集客を目的としたホームページを運営する以上は必須の対策ともいえるでしょう。

集客には必要なSEO対策ではありますが、SEO対策に向かないホームページやそもそも対策ができないホームページがあります。

それは、事務所案内程度のホームページやコンテンツが少なくSEO対策を行いたいキーワードが含まれていないようなホームページです。

例えば、”弁護士”というキーワードや”法律事務所”というキーワードで検索したときに、検索結果にあるホームページに検索したキーワードが入っていないということはまずあり得ません。 ※以前は検索エンジンスパムなどで表示させることが可能でしたが、現在は検索エンジンのアルゴリズムの精度があがりそういったスパム行為は徹底的に廃除されています。

大原則としてSEO対策を行いたいキーワードがホームページに入っていなければ検索エンジンは認識しない(できない)のです。

ですから、SEO対策をするときはホームページの中にバランス良くキーワードが含まれているかなど、SEO対策が行えるかどうかを検討する必要があります。

私たちはSEO対策の成功率が非常に高く、ホームページ制作からお任せいただいたお客様はもちろんですが、ご紹介などでSEOだけ対応してもらうことはできないかなどというご相談もいただいていますが,上記のようなSEO対策がそもそもできないホームページもありますので、ホームページを拝見してから対応できるかどうかを判断しています。

SEOの注意点

多くの方が考えるSEOですが、注意しなくてはならない点もあります。

SEO対策を検討するのはホームページ制作時が理想

SEO対策はホームページを公開したあとに検討される方が多いですが、一番理想的なのはホームページの制作段階から検討することです。

なぜなら、上記のようにSEOをするキーワードをホームページにいれなくてはいけませんし、検索エンジンがキーワードを認識しやすくホームページを制作する必要があるからです。

あとからでもSEOができるホームページもありますが、できないホームページも多いため、時間、労力、コストを無駄にしないためにも最初の段階で考えておくことが理想的です。

他社などで既に作成したホームページでSEOを検討中の方は無料でSEOの実施が可能かどうかを判断しますので気軽にご相談ください。

SEOで上位に表示されるまでには時間がかかる

SEO対策の唯一の難点は、検索エンジンの上位に表示されるまでには時間がかかることです。 検索キーワードの競合ホームページの多寡にもよりますが、早くても1ヶ月程度、遅いときは数ヶ月かかることもあります。

そのため即効性を求める場合はSEOは向きませんが、中長期の視点でアクセスを資産としてみると、SEO以上に効率が良い方法はないといってもよいでしょう。 即効性をもとめつつ、SEOを行いたい場合は、リスティング広告との併用がおすすめです。

SEOには大きく分けて2種類の方法がある

SEOには、大きく分けると「外部対策」と「内部対策」があります。

外部対策とは、主に被リンクを増やしたりする方法が中心ですが、被リンクを増やしすぎたり、リンクの質によっては逆に検索エンジンからマイナス評価をうけたり,ペナルティをうけてしまい順位が落ちたりすることもあるので注意が必要です。

内部対策とは、ホームページ側の対策で主に制作時におこなうもので,検索上位に出したいキーワードを検索エンジンが認識しやすくする対策のことをいいます。

ホームページを制作する際に、SEO対策がセットになっている場合がありますが、このような対策は後者の内部対策を指すことが多く、外部対策は含まれていないことが多いのが現状です。本気で上位に表示させたい場合は内部対策と外部対策を並行して行う必要があります。

サムライラボのSEOは内部対策と外部対策の両方を行いますが、それ以外にも”検索回数が多いキーワード”や”コンバージョンに至りやすいキーワード”で対策を行いますので、非常に効率的で成功率が極めて高いのが特徴です。

弁護士・司法書士のSEO対策

ハイリスクなSEOは絶対やめましょう!

SEO対策には、ハイリスクな対策があります。例えば、上記でご説明した被リンクを大量に一気に増やすことで一時的に順位は大幅にあがるでしょう。 しかし、検索エンジンのスパムを廃除するアルゴリズムによってすぐにペナルティを受けてしまいます。しかも最悪の場合、順位が回復しなくなることもあるのでSEOは慎重に行うべきです。

にもかかわらず、SEO業者によってはアルゴリズムが進化している現在でもハイリスクな対策を行っているケースが多く見受けられます。 他社でSEOを行ったあと、実際に順位が落ちてからご相談をいただくケースも非常に多いです。

王道SEOで長期的な集客をすすめる理由

王道SEOは上位表示されるまでに数ヶ月の時間がかかりますが、順位が確実に上昇するだけでなく、順位を長期間キープすることができます。 せっかく上位の順位になってもすぐに順位がおちては意味がないので、結局のところ、王道のSEOが一番なのです。

私たちは、多数のSEO実績がありますが、王道SEOを着実に、粘り強く行っています。 狙ったキーワードの上位表示率は96.5%と非常に好成績を収めておりますので、SEOのことなら何でも気軽にお尋ねください。

SEOをお断りするケースがあります

事務所案内的なホームページ、格安ホームページで作成したホームページの多くは根本的にSEOを行うことができない構成であることが多いためそのようなホームページはお問い合わせの段階でお断りさせていただいております。予めご理解ください。

まずは,対応できるかどうかを無料で診断しますので気軽にご相談ください。

サムライラボのSEOの特徴

① 検索回数が多いキーワードでSEOを実施
② コンバージョン率、回遊率が高いキーワードを優先してSEO
③ 王道SEOで安全に長期間通用するSEOを実施
④ 最新のアルゴリズムに対応するため積極的に検証・実験を実施
⑤ 上位達成率は96.5%(2018年2月現在)
⑥ ペナルティ解除にも強く実績多数

弁護士・法律事務所・司法書士などの士業のホームページ制作前の競合調査法律事務所,弁護士,司法書士のターゲット調査,検索キーワード調査弁護士・法律事務所・司法書士などの士業のホームページを作成するときにユーザー心理やユーザー環境を意識します弁護士・法律事務所・司法書士などの士業のホームページを制作するために毎日膨大な情報を自動収集し集客弁護士・法律事務所・司法書士などの士業のホームページ制作とマーケティングで圧倒的な経験と実績弁護士・法律事務所・司法書士などの士業のオフライン集客戦略弁護士・法律事務所・司法書士などの士業の集客を独自のシステムでアプローチ弁護士・法律事務所・司法書士などの士業の方のチャンスを逃さないレスポンス

弁護士・法律事務所ホームページの制作実績

士業のHP制作・集客ならどんなことでもお気軽にご相談ください

サムライラボConnect|集客・マーケティングブログ

トップへ戻る

電話番号リンク お問い合わせ・ホームページ制作無料見積もり