社会保険労務士のホームページ制作

社会保険労務士は,労働社会保険手続き,労務管理,年金関連,助成金などの業務を中心に行う専門家です。
サムライラボでは社会保険労務士(社労士)のホームページ制作やSEOなどの集客関連サービスを提供しています。

社労士は障害年金などを除けば基本的には対事業者(BtoB)型の業務に力を入れるケースが多いことが特徴と言えます。※本ページでは社会保険労務士を社労士と呼び方を統一します。

社労士ホームページ制作の特徴

サムライラボでは多くの士業従事者の方に「集客に強い」,「マーケティング領域に強い」ホームページ制作会社とのイメージを持っていただいておりますが,実際に私どもは集客を目的とするホームページに力を入れていますので集客の視点で社労士のホームページ制作についての現状などを紹介したいと思います。

社労士の方がホームページを制作する際は事務所案内というよりは集客を目的としてホームページ制作を希望される方からのお問い合わせを多くいただいております。

なかでも多いお問い合わせは,今まで自分でホームページを作成したけど思うように集客ができなかったとか,地元や知り合いの紹介でホームページを作って貰ったけどうまくいかなかったというような相談を多く頂いています。

社労士は労務管理,労働保険,社会保険,年金,助成金などを業務の幅が広いですが,対事業者の業務は特設サイトをおすすめする商圏もあれば様々な業務の集客を目的とする総合型の集客ホームページがおすすめのケースもありますので,詳しくは一度気軽にご相談頂ければと思います。

・社会保険労務士の集客用ホームページ制作に対応
・対事業者・対個人のいずれの業務も集客が可能
・対事業者の業務は総合型のホームページがおすすめ

社労士がホームページ集客しやすい業務分野

2021年6月18日現在では,下記の業務が多くの地域でホームページからの集客が期待できおすすめできます。
※下記は随時変更いたします。

・労務顧問
・労働社会保険手続き
・障害年金
・助成金

上記はよくある商圏規模では集客が可能ですが、上記の集客が難しい地域、昨今の社会情勢の影響を受けている地域など商圏によっても異なりますので、詳しくは気軽にご相談ください。
お問い合わせを頂きご相談を頂けましたら商圏の簡易な調査を行い集客が可能な業務を無料でご提案いたします。

社労士のホームページ作成で失敗するパターン

社労士のホームページ制作のご相談やお問い合わせを頂いた方のうち,リニューアルを検討されている方のお話を聞いていると多くの失敗例は「ホームページへの流入」を全く考えずに作成したというケースが非常に多いです。

ホームページは公開するだけでは意味がありませんが,リニューアルを考えている社労士の方からいただくご相談はほぼ全員がアクセスが増えない,受任に繋がらないという状況にあることが多く,戦略と戦術を念入りに検討しなかったのかなという印象を受けます。

・ホームページはまずは見て貰わないと意味がない
・社労士ホームページを作成するときは公開後の流入を検討する
・集客目的のホームページならKPIやKGIを明確にしたHP作成をする

社労士は守らなくてはならない広告ルールがある

社労士の方でしたらご存知の方がほとんどだと思いますが社労士会の会長声明により不可となったホームページ上での表現があるほか,他士業同様に検索エンジンや広告媒体には様々なルールが存在します。

また,これは私たちの肌感覚ではありますが,私たちはお客様のホームページを日々分析しており,収集項目のなかにはIPアドレスなどの情報も含まれておりますので地域,企業の情報などがわかることも多々あります。
(IPアドレスだけでは通常は詳細な情報を取得できませんが多くの情報を識別する判断材料にはなります)

この収集しているアクセスの統計情報を精査すると,他士業の所属会とことなり社労士会はホームページの確認を細かくしていることは間違いないため,細心の注意が必要だと感じます。

・広告媒体のルール以外にも社労士会会長声明にも注意が必要
・社労士会は他士業の所属会よりもホームページを細かく確認している
・社労士も他士業同様に士業の広告ルールが適用される媒体が多い

社労士のホームページ制作の競合調査

社労士のホームページは顧問獲得に特化したホームページや障害年金,助成金の集客に特化した特設ホームページを公開している事務所も多く,さらにLPを作成して積極的な広告展開をしている事務所も多いためSEOをしている事務所だけでなく,広告を利用している事務所やその状況まで詳細に競合を調査する必要があります。

とはいえ,社労士業務の場合,一部の業務を除いては受任率が高い”勝ちパターン”というのはほぼ決まっているため,その勝ちパターンが実行できるかどうかを確認する程度である程度の見通しがたちますのでマーケティングは比較的しやすいのが現状です。

・社労士の競合は特設サイトやLPに力を入れているケースがある
・広告を利用している競合がいる場合は詳細に調査がする必要がある
・勝ちパターンに当てはめれば社労士の集客はやりやすい

社労士のSEOのキーワード調査

社労士は他士業と比べてSEOを行うべきキーワードがシンプルで集客の導線を確保しやすいです。
※障害年金は除きます。

また,社労士が提供する労務顧問はスタートアップの企業にアプローチするよりも既に社労士がいるような事務所にアプローチをして乗り換えを促す戦術のほうが受任に至りやすいこともよくありますので社労士事務所がある商圏の検索キーワードの調査を行い傾向などを把握したうえでコンテンツを検討しターゲットを選定した方が集客がしやすくなります。

また,社労士のホームページのSEOのキーワード調査は極めて重要でよく考えずにデザイン重視などで作ってしまうと公開後にアクセスが伸び悩んだり集客につながらないということが多いのでこの調査は非常に重要です。

・社労士ホームページのSEO調査は非常に重要
・コンテンツによって公開後のアクセス数に大きく影響する
・競合の社労士事務所のホームページを分析するとヒントが必ずある

SEO対策

社労士のホームページ制作をサムライラボへ依頼するメリット

社労士のホームページ制作をサムライラボへご依頼頂くメリットは沢山あります。

・集客に強いホームページを作成できる(例:労務顧問月6件受任など)
・SEOに強いから広告費を極限まで抑えて集客が可能
・リスティング広告の運用経験も豊富だから制作から広告まで一気通貫
・コンスタントに紹介を獲得できるマーケティングを実行可能

サムライラボの社労士向けのサービスでおすすめなのは次のサービスです。
社労士ホームページ制作
社労士SEO対策
社労士リスティング広告運用代行
社労士オフライン集客支援

社労士の集客HP制作やマーケティングはサムライラボへ

サムライラボでは社労士のホームページ制作,SEO,広告,マーケティングの経験が豊富です。
もちろん広告のルールや過去の会長声明なども遵守しますので過去にトラブルが起こったことは一度もありません。
(むしろこんな裏技があるんだと驚かれることがあります)

私たちはお申し込み前のホームページ作成や集客のご相談やお見積は無料ですので気軽にご相談ください。
お見積やご相談をいただいたからといってしつこい営業は絶対にいたしませんのでご安心ください。
(しつこい営業はお互いの時間が無駄になりますし双方のためにならないと考えています)

弁護士・法律事務所ホームページのお客様の声

弁護士・法律事務所ホームページの制作実績

ライバル事務所のウェブ集客調査サービス

士業マーケティング無料メルマガ

士業のHP制作・集客ならどんなことでもお気軽にご相談ください

サムライラボConnect|集客・マーケティングブログ

トップへ戻る

電話番号リンク お問い合わせ・ホームページ制作無料見積もり