リスティング広告の種類とメリット

リスティング広告とはYahoo!やGoogleなどのポータルサイトでユーザーが特定のキーワードを検索した際に検索結果に広告を表示させ,広告をクリックされて初めて料金が発生するクリック課金型広告のことをいいます。

リスティング広告はYahoo!とGoogleや有名ですが,それ以外にもJリスティングなど様々な広告媒体が存在ます。当サイトでは費用対効果が優れているYahoo!とGoogleのリスティング広告をおすすめしています。

 

リスティング広告の各媒体の特徴

個人,法人のユーザー,専門職のユーザーなどユーザー層によって各ポータルサイトの利用者層がことなります。

例えば,最近は以前ほど顕著ではありませんが,Googleはビジネスユーザーが多くYahoo!は個人ユーザーが多いとされていました。

しかし,最近は,Yahoo!の検索結果のデータはGoogleから貸与されるようになったりするなど,様々な変化があり,くわえてGoogleのシェアがどんどん伸びていますので,扱う業務分野や時流ににあわせてどちらを利用すべきかを検討すると良いでしょう。

当サイトは業務ごとに常にユーザー層に関する情報を収集していますので,ホームページ開設前の広告費用,広告媒体についてもお気軽にご相談ください。
弁護士や司法書士に特化してホームページを作成し,集客を目標としているからこそ幅広い情報が必要になり,また情報を有しています。

 

リスティング広告もHP同様に出稿後が集客のカギです!

リスティング広告を出すと決めてから実際に広告を運用するには以下のような流れになります。

1,広告用アカウント発行する
2,広告の初期設定を行う
3,広告を開始する
4,広告の見直しをする

というような流れになります。

しかし,リスティング広告を利用したことの無い方の多くは”初期設定を行えば後はお金を払うだけ”と考えて広告の見直しをしない方がいらっしゃいます。
今から数年前くらいでしょうか。確かに広告を出せば集客できるという時代はありましたが,司法改革にともなって弁護士があふれる時代になり,今まで以上に競争が激化しているため今までのやり方では今までのように集客することはできません。

大手の事務所であれば問題ないかも知れませんが,多くの法律事務所(もちろんその他の士業もです)は少ない予算で集客をしたいはずです。

本来リスティング広告は少ない予算で広告を開始することができ,誰かがクリックしたときのみ料金が発生するという画期的な広告だと思います。

費用対効果を考えた場合,広告を出した後に広告を見直す必要があります。

 

リスティング広告とバナー広告の違い

バナー広告のページでバナー広告の特徴を紹介しましたが,バナー広告は興味のあるなしに関わらず広告を表示させるのに対して,リスティング広告は興味のある人に表示させる点が大きく異なります。

とにかく多くの人に知ってもらう必要のある士業の事務所のブランディング戦略,過払い金の時の最高裁判決が出た直後のときのように”一般のユーザーがあまり検索しないような業務”はバナー広告が好ましいと言えます。

このように,バナー広告とリスティング広告は似ているようで性質が異なりますので,しっかりと戦略を立てることが大切です。
ホームページ公開後の戦略についても無料で相談を受け付けています。お気軽にご相談ください。

士業のHP制作・集客ならどんなことでもお気軽にご相談ください

ページの上部へ戻る